命を懸けるは、使命か。恋か。東映ムビ×ステ 映画『GOZEN-純恋の剣-』命を懸けるは、使命か。恋か。東映ムビ×ステ 映画『GOZEN-純恋の剣-』

2019.7.5  劇場公開

TRAUKER

東映ムビ×ステ 映画『GOZEN-純恋の剣-』予告

INTRODUCTION

命燃ゆ。
戦いの数だけ、秘められた物語がある――。

映画と舞台を完全連動させる新企画【東映 ムビ×ステ】が始動!
第1弾は、映画『GOZEN-純恋の剣-』&舞台『GOZEN-狂乱の剣-』。
8人の男たちが臨む、命を懸けた「御前試合」。
映画、舞台を通じて、この「御前試合」での攻防と、試合の出場者たちの秘めた想いが、鮮烈に描かれていく。

映画『GOZEN-純恋の剣-』の主人公となる 青山凛ノ介 あおやまりんのすけ を演じるのは、「仮面ライダービルド」の主演で注目を浴びた犬飼貴丈。「獣になれない私たち」でも好演し、NHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演も発表された、2019年ブレイク俳優の筆頭候補だ。
凛ノ介と恋に落ちるヒロイン・ 神谷八重 かみややえ は、映画『ちはやふる-結び-』や『ママレード・ボーイ』で脚光を浴びた優希美青が扮する。
そして凛ノ介の“恋仇”となる狂気の剣士・ 寺脇甚八郎 てらわきじんばちろう は、犬飼と「仮面ライダービルド」に続いての共演となる武田航平
このほか、矢崎広(ミュージカル「薄桜鬼」「ジャージー・ボーイズ」)、前山剛久(「舞台『刀剣乱舞悲伝』結の目の不如帰」)、井澤勇貴(映画・舞台『MESSAIAHPROJECT メサイア・プロジェクト』)、松本寛也(「特命戦隊ゴーバスターズ」)、井俣太良(「仮面ライダードライブ」)、元木聖也(「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」)、小野塚勇人(「仮面ライダーエグゼイド」)、町井祥真(「仮面ライダーエグゼイド」)、松村龍之介(舞台「戦国BASARA」シリーズ)、菊地美香(「特捜戦隊デカレンジャー」)、久保田悠来(「仮面ライダー鎧武/ガイム」)、そして、波岡一喜(映画『探偵はBARにいる』シリーズ、『図書館戦争』シリーズ)と、さまざまなジャンルで活躍する、実力と人気を兼ね備えたキャストが顔を揃えた。さらに大島蓉子冨家規政福本清三といった実力派ベテラン俳優たちも助演。
この新企画の誕生に、大いに華を添える。まさに、【東映 ムビ×ステ】第1弾を飾る作品に相応しい布陣と言えるだろう。

メガホンをとるのは「平成仮面ライダーシリーズ」をヒットに導き、多くの若手俳優たちを育てた巨匠・石田秀範監督。新時代の幕開けを告げる、渾身のプロジェクト【東映 ムビ×ステ】に乞うご期待!

ンジャー」)、小野塚勇人(「仮面ライダーエグゼイド」)、町井祥真(「仮面ライダーエグゼイド」)、松村龍之介(舞台「戦国BASARA」シリーズ)、菊地美香(「特捜戦隊デカレンジャー」)、久保田悠来(「仮面ライダー鎧武/ガイム」)、そして、波岡一喜(映画『探偵はBARにいる』シリーズ、『図書館戦争』シリーズ)と、さまざまなジャンルで活躍する、実力と人気を兼ね備えたキャストが顔を揃えた。さらに大島蓉子冨家規政福本清三といった実力派ベテラン俳優たちも助演。
この新企画の誕生に、大いに華を添える。まさに、【東映 ムビ×ステ】第1弾を飾る作品に相応しい布陣と言えるだろう。

メガホンをとるのは「平成仮面ライダーシリーズ」をヒットに導き、多くの若手俳優たちを育てた巨匠・石田秀範監督。新時代の幕開けを告げる、渾身のプロジェクト【東映 ムビ×ステ】に乞うご期待!

STORY

まだ戦国の名残が残る、二代将軍・徳川秀忠の治世。

幕府の隠密・ 青山凛ノ介 あおやまりんのすけ (犬飼貴丈)は、北陸の府月 ふげつ 藩に潜入していた。
気性の激しい藩主・ 望月甲斐正 もちづきかいのしょう (波岡一喜)が幕府への謀反を企てている疑惑があったのだ。
そして、その証拠となる書状が筆頭家老・ 神谷眞三郎 かみやしんざぶろう (冨家規政)の元にあるという情報を掴んだ凛ノ介は、神谷が参列する祭りに出かける。そこで美しい娘・ 八重 やえ (優希美青)と出会う凛ノ介。
二人は瞬間的に惹かれ合うが、八重は他ならぬ神谷の娘であった。

さらに、隠密仲間の 真咲一馬 まさきかずま (久保田悠来)から、八重が不治の病で余命いくばくもないことを知らされる凛ノ介。
心を乱しながらも隠密としての使命を全うしようとするが、自分が隠密であることを八重に知られてしまう。

同じ頃、凛ノ介の正体を知った人物がもうひとりいた。八重との縁談が進んでいた府月藩士・ 寺脇甚八郎 てらわきじんぱちろう (武田航平)である。
偏執的かつ残忍な性格のこの侍は八重に邪な恋心を抱いており、凛ノ介を挑発。
ついに凛ノ介と甚八郎は、殿の前で武芸を競う「御前試合」に参加することになった。
だが、その御前試合とは隠密たちを炙り出して公開処刑するため、藩主・甲斐正が企んだ死の宴であった。

宿命を背負った剣士たちが集められていく。藩主と同じ姓を持つ謎の傾奇者・ 望月八弥斗 もちづきはやと (矢崎広)、二刀流の冷血漢・ 流狂四郎 ながれきょうしろう (元木聖也)、赤目の異形侍・ 結城蔵人 ゆうきくらんど (前山剛久)ら、あわせて8人。男たちの宿命が交差する中、八重への恋心を胸にした凛ノ介は何を選び、何を賭けるのか?

必殺剣技・ 一竜剣鎌風 いちりゅうけんかまかぜ
炸裂するとき、その答えは出る!

CAST

  • 青山凛ノ介
    犬飼貴丈
    1994年6月13日生まれ。12年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。俳優デビュー後は「スーパーサラリーマン佐江内氏」(NTV/17)などのTVドラマに出演し、「仮面ライダービルド」(EX/17)で初の主演を務める。その後も「獣になれない私たち」(NTV/18)に出演。NHK連続テレビ小説「なつぞら」(NHK/19)への出演も決まっているなど、さらなる活躍が期待される。
  • 神谷八重
    優希美青
    1999年4月5日生まれ。12年に「第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞。「雲の階段」(NTV/13)で女優デビュー。その後も、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK/13)、「マッサン」(NHK/15)など話題作に出演。近年の主な出演作に『ちはやふる -結び-』(18)、『ママレード・ボーイ』(18)、『うちの執事が言うことには』(19)などがある。
  • 寺脇甚八郎
    武田航平
    1986年1月14日生まれ。01年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞。仮面ライダーシリーズでは「仮面ライダーキバ」(EX/08)と「仮面ライダービルド」(EX/17)の2作で仮面ライダーを演じるなど話題に。近年の主な出演作に「精霊の守り人 -最終章-」(NHK/18)、『星くず兄弟の新たな伝説』(18)、「家売る女の逆襲」(NTV/19)、『浮世の画家』(NHK8K/19)などがある。
  • 赤松兵庫
    小野塚勇人
    1993年6月29日生まれ。劇団EXILEメンバー。主な出演作にドラマ・映画『HiGH&LOW』シリーズ、「仮面ライダーエグゼイド」(EX/16)、「妖怪!百鬼夜高等学校」(BSNTV/18)、「ダイイング・アイ」(WOWOW/19)などがある。
  • 櫻井右京
    町井祥真
    1990年4月3日生まれ。『100回泣く事』(12)でデビュー。主な出演作に「東京スカーレット~警視庁NS係」(TBS/14)、『HiGH&LOW THE MOVIE』(16)、「仮面ライダーエグゼイド」(EX/16)、『曇天に笑う』(18)などがある。
  • 結城蔵人
    前山剛久
    1991年2月7日生まれ。「ミュージカル 忍たま乱太郎」(11)でデビューし注目を集める。主な出演作に「仮面ライダーウィザード」(EX/13)、「舞台 妖怪アパートの幽雅な日常」、「舞台 銀河鉄道999」「舞台 「刀剣乱舞」悲伝結の目の不如帰」(18)などがある。
  • 小松原蓮十郎
    松村龍之介
    1993年12月28日生まれ。舞台「戦国BASARA」シリーズ(14~19)では真田幸村を演じ注目を集める。主な出演作に「残響のテロル」(16)、舞台「黒子のバスケ」シリーズ(16、17)、「妖怪!百鬼夜高等学校」(18)などがある。
  • きぬ
    大島蓉子
    1955年1月22日生まれ。劇団青年座・EDメタリックシアターを経て、テレビ・映画で数々の作品に出演し活躍。近年の主な出演作に「火花」(Netflicks/16)、「西郷どん」(NHK/18)、バイプレーヤーズ(TX/18)、『洗骨』(19)などがある。
  • 神谷眞三郎
    冨家規政
    1962年3月4日生まれ。数々の作品に出演する名バイプレーヤー。近年の主な出演作に『オトナの恋愛事情』(16)、「仮面ライダービルド」(EX/17)、ヒモメン(EX/18)、『岡野教授の南極生物譚』(19)などがある。
  • 流狂四郎
    元木聖也
    1993年10月6日生まれ。ミュージカル「テニスの王子様」シリーズ(11、12、14)に千石清純を演じ注目を集める。主な出演作に、「人は見た目が100パーセント」(CX/17)、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(EX/18)などがある。
  • 郷田半左衛門
    井澤勇貴
    1992年11月26日生まれ。映画・舞台「メサイア」シリーズ(15、17)に出演し注目を集める。主な出演作に「HiGH&LOW」シリーズ(17)、「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」シリーズ(16、18)、Acrobat Stage「Infini-T Force」(18)などがある。
  • 田宮源三
    松本寛也
    1986年6月21日生まれ。03年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し芸能界デビュー。主な出演作に「魔法戦隊マジレンジャー」(EX/05)、「特命戦隊ゴーバスターズ」(EX/12)などがある。
  • 白河三太夫
    井俣太良
    1975年9月24日生まれ。劇団少年社中の創立メンバー。ミュージカル「薄桜鬼」シリーズ(13~19)では近藤勇を演じ話題に。主な出演作に「仮面ライダードライブ」(EX/14)、「パラノイア★サーカス」(16)などがある。
  • 神谷早苗
    菊地美香
    1983年12月16日生まれ。ミュージカル「アニー」(00)でデビュー。主な出演作に「特捜戦隊デカレンジャー」(EX/04)、ミュージカル「レ・ミゼラブル」(07、09)、「タイタニック」(18)などがある。
  • 赤松主水介
    福本清三
    1943年2月3日生まれ。50年以上に渡り、“斬られ役”を演じてきたことから【5万回斬られた男】の異名を持つ。『太秦ライムライト』(14)では主演を務め、第18回ファンタジア国際映画祭において日本人初となる主演男優賞を受賞。
  • 望月八弥斗
    矢崎広
    1987年7月10日生まれ。04年にミュージカル「空色勾玉」でデビューをはたす。ミュージカルからストレートプレイまで多数の作品の経験を積みながら、ドラマ、声優、CMナレーションまで多岐に渡り活動している。舞台「MACBETH」(12)で初の単独主演を務める。近年の主な出演作にミュージカル「ジャージーボーイズ」(16,18)、「ロミオ&ジュリエット」(17)、音楽劇「ライムライト」(19)などがある。舞台『GOZEN-狂乱の剣-』では主演を務める。
  • 真咲一馬
    久保田悠来
    1981年6月15日生まれ。ミュージカル「テニスの王子様」シリーズ(08~10)で跡部景吾を演じ、「戦国BASARA」シリーズ(09~13)では伊達政宗を演じ人気を集める。その後「仮面ライダー鎧武/ガイム」(EX/13)に出演し脚光を浴びる。近年の主な出演作に『新宿スワン』シリーズ(15、17)、『SCOOP!』(16)、「モブサイコ100」(TX/18)、『モンテ・クリスト伯-華麗なる逆襲-』(CX/18)などがある。また『明治東京恋伽』(TVK/19)が4月より放送開始。
  • 望月甲斐正
    波岡一喜
    1978年8月2日生まれ。『パッチギ!』(05)で注目を集め、その後、映画、ドラマをはじめ舞台やバラエティ番組など幅広く活躍。主な出演作に映画『クローズ ZERO』シリーズ(07、09)、『探偵はBARにいる』シリーズ(11、13)、『レディinホワイト』(18)、『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』(19)、TV「仮面ライダー鎧武/ガイム」(EX/13)、「火花」(NETFLIX/16)、「モブサイコ100」(TX/18)、「立花登青春手控え」シリーズ(NHK/16~18)などがある。

CAST

監督
石田秀範
1962年生まれ。「宇宙刑事ギャバン」(EX/82)より、東映ヒーロー作品の現場に助監督として参加。「特救 指令ソルブレイン」(EX/91)で監督デビューを果たす。
「仮面ライダークウガ」(EX/00)ではパイロット監督を務め平成ライダーシリーズの礎を築いた。Amazonプライムで配信され話題となった「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズ(16~18)でも監督を務めた。
脚本
谷慶子
1968年4月24日生まれ。大阪芸術大学映像学科在籍中に脚本家の依田義賢からその学年の脚本賞を受賞し脚本家を夢見る。その後、師事していた中島貞夫監督から現場での勉強を進められ、『極道の妻たち 決着』(98)や『RED SHADOW 赤影』(01)などでスクリプターとして活躍。03年には応募した脚本「タイ・ブレーカー」が城戸賞で準入賞をはたす。『多十郎殉愛記』(19)では脚本及び監督補を務める。
ページトップへ